カクテキ・豚キムチ簡単レシピofキムチきむちキムチレシピ

餃子の中にキムチを混ぜたキムチ餃子は、ご飯のおかずにもぴったりです。ピリッと辛いキムチをたっぷり使えば、さっぱりと餃子を食べることが出来ますよね。キムチに含まれる成分を上手く利用して、餃子を美味しく食べましょう! キムチ餃子のタレには、醤油と酢の他にコチュジャンとゴマを少し混ぜるのがおすすめですよ。

簡単!キムチ餃子

白菜キムチを使ったキムチ餃子は、ヤンニョムダレやコチュジャンを混ぜて作ると、特別なタレがなくても美味しく食べられます。キムチ餃子を作るときは、使うに訓も量と同じか約1.5倍のキムチを入れるのがポイントです。豚肉や牛肉の変わりに、エビの塩辛やチャンジャと使って海鮮キムチ餃子としてアレンジするのもおすすめですよ。

*材料

豚ひき肉 200g・長ネギ 1束・タマネギ 1/2・にら・1束・白菜キムチ 200g・卵 1コ・塩、コショウ・ゴマ油 大さじ1 ・醤油 少々・ヤンニョムペースト 大さじ1・ニンニク 1片・しょうが 1片・餃子の皮

*作り方

  1. タマネギ、にらは細かく刻んでおきます。長ネギは、そぎ切りにしてからみじん切りにすると食感を楽しむことが出来ます。
  2. 白菜は汁をよくしぼってから、細かく刻んでおきます。生姜とニンニクは摩り下ろしておきましょう。
  3. ボールに豚肉、長ネギ、タマネギ、にら、白菜キムチ、ニンニク、生姜をいれて、手でよく練り合わせます。
  4. ヤンニョムペースト、塩、醤油、ゴマ油とコショウで味付けをします。キムチの塩分があるので少なめに入れて、味を見ながらお好みの塩加減に調整してください。
  5. 餃子の皮に、キムチ餃子のネタを包み込みます。
  6. 温めたフライパンに油をしき、餃子の底の部分を下にして中火から弱火で焼きます。焼き色がつき始めたら弱火にして蓋をします。
  7. ボールにカップ1/3の水と小さじ 2の小麦粉をいれ、溶きます。
  8. 餃子の皮の色が変わってきたら、ボールの水をフライパンにまわしいれ、蓋をして10秒ほど火を強めます。
  9. 中火から弱火にして水分を飛ばし、小麦粉の羽根が出来たら完成です。

キムチを使ったチャプチェ餃子

韓国では、餃子の中身に春雨を使った「チャプチェ」という料理を使うことが多くあります。具沢山のチャプチェはジューシーで彩りもよくみんなでワイワイしながらおいしく食べられることでしょう。

*材料

春雨 50g・白菜キムチ 100g・きくらげ 20g・タマネギ 1コ・ピーマン 1コ・赤ピーマン 1コ・牛ひき肉 100g・干ししいたけ 5〜6枚・ヤンニョム 大さじ 1・醤油 大さじ2・砂糖 大さじ 2・すりゴマ 大さじ1・たけのこ(茹でたもの) 60g・しょうが 1片・ヤンニョムダレ 大さじ2・塩、コショウ 適量・餃子の皮

*作り方

  1. 鍋に水と春雨を入れて透明になるまでゆでたらザルに上げて、水でゆすいで冷まします。冷めたら3cmくらいの長さにカットしておきましょう。
  2. きくらげと干し椎茸を水につけて戻します。柔らかくなったらみじん切りにします。
  3. タマネギとピーマン、赤ピーマン、たけのこ、生姜は同じくらいの大きさにみじん切りにします。白菜キムチは汁をよく絞ってからみじん切りにします。
  4. 牛ひき肉と白菜キムチ、ヤンニョムダレ、ヤンニョム、刻んだ野菜、きくらげ、干ししいたけ、春雨をボールにいれ、手でよく混ぜ合わせます。少し粘り気が出てきたら塩、コショウ、醤油で味を整え、最後にごま油を加えます。
  5. 餃子の革にキムチ餃子のネタを包み込みます。平べったく包むのがポイントです。
  6. 温めたフライパンに油をしき、餃子を並べます。弱火から中火にして焼き色がついてきたらひっくりかえして反対の面にも焼き色がつくまで弱火で焼きます。
  7. ボールに水を入れ一つまみ小麦粉を溶かします。チャプチェ餃子の両面に焼き色がついたら、ボールの水をまわしかけ、フタをして20秒ほど火を強めます。
  8. チャプチェ餃子の中まで火が通ったらフタをあけて水分をとばして、表面がかりっとしてきたら完成です。